スペイン語の動詞の活用 の基本と 直説法 現在形 規則活用

 

今回は スペイン語の動詞の活用 について説明していきます。

 

■ スペイン語の動詞の活用 について

まずは簡単に、動詞を活用する前に知っておいた方がいいことについて。

スペイン語の動詞は、大きく分けて次の3つに分けられます。

  1. AR 動詞・・・語末が -ar で終わる動詞 (例: cantar 歌う)
  2. ER 動詞・・・語末が -er で終わる動詞 (例: comer 食べる)
  3. IR 動詞・・・語末が -ir で終わる動詞 (例: vivir 生きる、住む)

大まかには、このグループによって活用のしかたが変わってきます。

 

また、以前の、スペイン語の 6つの 人称 - スペイン語文法の基礎 – でも取り上げたように、スペイン語には6つの人称があります。

その人称によっても、動詞の形が変わります。

 

さらに、時制(現在、過去、未来など)があります。

時制の種類は以下の通りです。

<直説法 indicativo >

  • 現在 presente
    • 現在完了 pretérito perfecto
  • 線過去 pretérito imperfecto
    • 過去完了 pretérito pluscuamperfecto
  • 点過去 pretérito indefinido

 

  • 未来 futuro
    • 未来完了 futuro compuesto
  • 過去未来 condicional
    • 過去未来完了 condicional compuesto

<接続法 subjuntivo >

  • 現在 presente
    • 現在完了 pretérito perfecto
  • 過去 pasado / pretérito imperfecto
    • 過去完了 pretérito pluscuamperfecto

 

厳密には、他にも何種類かあるようですが、実際に会話で使われるのは、以上の13種類です。

※動詞の形としては、これ以外に現在分詞、過去分詞、命令形(直説法現在、接続法現在・過去の形を用いる)があります。

多いように思いますが、完了形 ( Tiempos Compuestos ) は、

動詞 haber(現在完了なら現在形、過去完了なら線過去形 etc. )+ メインとなる動詞の過去分詞 ( participio )

なので、覚えるべき時制は「現在、線過去、点過去、未来、過去未来、接続法現在、接続法過去」の7種類です。

今回は、この中の直説法現在の規則活用について見てみましょう。

■直説法現在 規則活用

まず、直説法現在とは、いわゆる「現在形」のことです。

現在や近い未来、意思、習慣などについて表します。

例:Mi hermana pequeña canta muy bien.  私の妹はとても上手に歌います。(歌がとても上手です。)

例:Te llamo en una hora.  一時間後に電話します。

例:Hablo por Skype con mi familia una vez a la semana.  私は週に1回、家族と Skype で話します。

 

では、実際に活用のしかたを見てみましょう。

1. AR 動詞

語幹(動詞の語末を除いた部分)は変わらず、語末部分が変化します。

スペイン語の動詞の活用

cantar を活用すると、こうなります。

動詞の活用

 

2. ER 動詞

動詞の活用

comer を活用すると、こうなります。

動詞の活用

 

3. IR 動詞

動詞の活用

vivirを活用すると、こうなります。

動詞の活用

 

直説法現在で、規則活用をする主な動詞です。

AR 動詞・・・ hablar | escuchar | girar    | intentar | llamar | llegar | mirar | preguntar | visitar …

 話す  | 聞く   |回転する| 試みる    | 呼ぶ | 着く   | 見る | 質問する | 訪れる

 

ER 動詞・・・ leer | beber | creer    | vender | correr | responder | aprender …

    読む | 飲む   | 信じる | 売る  | 走る | 答える    | 学ぶ

 

IR 動詞・・・  abrir      | escribir | recibir  | subir    | permitir   | ocurrir | decidir …

    開ける/開く | 書く   | 受け取る | 上がる | 許可する | 起こる  | 決意する

■まとめ

スペイン語の動詞を活用する際にチェックするべきことは、

  • 動詞の語末( AR ? ER ? IR ?)
  • 人称(主語)
  • 時制

の3点です。

覚えるまでは少し面倒ですが、様々な動詞をとにかく一人称単数、二人称単数、三人称単数・・・といったように、暗唱していくのも一つの手だと思います。

その際に、主語も一緒につけて暗唱していれば、セットにして覚えやすくなりそうですね。

 

今回の内容が「規則活用」というタイトルのように、不規則なものも存在します。

が、そちらもある程度のルールに則っているので、少しずつ見ていきましょう。

Kanami

Licenciada en estudios Interculturales por la Universidad de Kobe. Trabajó 4 años en una empresa informática como administradora de ventas. En 2013 vino a España para perfeccionar el idioma, alcanzando el nivel C2 en la academia don Quijote Granada un año. Posee el Diploma DELE B2 por el Instituto Cervantes. Actualmente vive en Almería y forma parte del proyecto JAPAES y nihonjinnotamenosupeingo, en el cual trabaja como profesora de japonés. Desde 2017 es miembro de la APJE (Asociación de Profesores de Japonés en España). 大学卒業後、IT商社にて4年間営業職として勤める。その後、スペイン語を習得するため、2013年からスペイン・グラナダにて1年間の語学留学を経て、現在、アルメリア在住。「JAPAES」「日本人のためのスペイン語」のプロジェクトに日本語教師として参加している。2017年よりAPJE(スペイン日本語教師会)会員。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です