スペイン語の複数形 の作り方

以前の投稿、「スペイン語の性と数の一致」でも触れたように、スペイン語では文の中で性と数を一致させなければなりません。今回は、数の一致に着目して、スペイン語の複数形 の作り方について見てみましょう。

 

1.母音(-a, -e, -i, -o, -u, -á, -é, -ó)で終わる単語  →末尾に-sをつける

例)la casa (家)→ las casas, el domingo (日曜日)→ los domingos, el sofá (ソファ)→ los sofás,
el bebé (赤ちゃん)→ los bebés, inteligente (賢い)→ inteligentes

<例外> no→ noes, la a→ las aes, la o→ la oes, etc.

 

2.-í, -úで終わる単語  →末尾に-sもしくは-esをつける(どちらでもOK)

例)el maniquí (マネキン)→ los maniquís/maniquíes, el tabú (タブー)→ los tabús/tabúes

<例外>el esquí (スキー)→ los esquís, el menú (メニュー)→ los menús, el champú (シャンプー)→ los champús
la i→ la íes, la u→ la úes, sí→ síes

 

3.-ay, -ey, -oyで終わる単語  →末尾に-esをつける *yの発音がiから濁った音に変化します。

例)la ley (法律)→ las leyes, el rey (王、国王)→ los reyes, el convoy (護送隊)→ los convoyes

<例外>el jersey (セーター)→ los jerséis, el espray (スプレー)→ los espráis

 

4.-s, -z以外の子音で終わる単語  →末尾に-esをつける

例)el hospital (病院)→ los hospitales, el tren (電車)→ los trenes, fácil (簡単な)→ fáciles

<アクセントの位置が変わる特殊な例>
el régimen (体制)→ los regímenes, el espécimen (代表例、典例)→ los especímenes, el carácter (性格)→ los caracteres

 

5.-zで終わる単語  →-zを-cに変化させ、-esをつける

例)el pez (魚)→ los peces, la cruz (十字架)→ las cruces, feliz (幸せな)→ felices

 

6.-sで終わる単語(2パターン)

1)-sの直前の母音にアクセントがない単語  →変化なし
例)el lunes (月曜日)→ los lunes, la tesis (学位論文)→ las tesis, el virus (ウイルス)→ los virus

2)-sの直前の母音にアクセントがある単語  →末尾に-esをつける
例)el mes (ひと月)→ los meses, el autobús (バス)→ los autobuses, el país (国)→ los países

 

7.複数形のみの単語

例)las vacaciones (休暇), las gafas (メガネ), los pantalones (ズボン), los vaqueros (ジーンズ),
las bragas (パンツ), las tijeras (ハサミ), las tenazas (釘抜き), las esposas (手錠)

 

以上、8パターン、複雑に見えるかもしれませんが、ほとんどの単語は-sまたは-esをつければ良いのです。

名詞の複数形

el autobús → los autobuses

 

-sをつける -esをつける z→cに変えて、-esをつける 変化なし
語尾が母音(-í, -úを含む)。 語尾が-í, -ú。 語尾が-z。 語尾が-sで、最後の母音にアクセントなし。
語尾が-ay, -ey, -oy。 複数形のみの単語。
語尾が-s以外の子音。
語尾が-sで、最後の母音にアクセントあり。

性と数の一致はとてもややこしく、言葉で説明するととても難しそうに聞こえますが、会話や文章を読んだり書いたりする中で自然と身につきます。どんどん使って、自分のものにしてしまいましょう!

疑問、質問、不明点があれば、気軽にコメントしてください。

Kanami

Licenciada en estudios Interculturales por la Universidad de Kobe. Trabajó 4 años en una empresa informática como administradora de ventas. En 2013 vino a España para perfeccionar el idioma, alcanzando el nivel C2 en la academia don Quijote Granada un año. Posee el Diploma DELE B2 por el Instituto Cervantes. Actualmente vive en Almería y forma parte del proyecto JAPAES y nihonjinnotamenosupeingo, en el cual trabaja como profesora de japonés. Desde 2017 es miembro de la APJE (Asociación de Profesores de Japonés en España). 大学卒業後、IT商社にて4年間営業職として勤める。その後、スペイン語を習得するため、2013年からスペイン・グラナダにて1年間の語学留学を経て、現在、アルメリア在住。「JAPAES」「日本人のためのスペイン語」のプロジェクトに日本語教師として参加している。2017年よりAPJE(スペイン日本語教師会)会員。

2 comentarios:

  1. たった一つの小さな間違いがあります。 Tesisは女性名詞です: La tesis, las tesis.   ^_-

  2. ありがとうございます!見落としていました。早速修正致しました。
    今後ともよろしくお願い致します。

Deja un comentario

Tu dirección de correo electrónico no será publicada. Los campos obligatorios están marcados con *

Este sitio usa Akismet para reducir el spam. Aprende cómo se procesan los datos de tus comentarios.